パフォーミング・アート・センター blog
野沢那智が設立した声優・俳優養成校パフォーミング・アート・センターの最新情報を紹介!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「殺戮ゲーム・2011」上演が終了しました。

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。
先週、上演実習「殺戮ゲーム・2011」が無事終了しました。

出演者22名で作り上げた今回の公演は、当校としてはかなり珍しく、実験性の高い『不条理劇』の上演となりました。
不条理劇といえば、ベケットの「ゴドーを待ちながら」が有名だと思います。タイトルを聞いたことがある人も多いでしょう。

今回の上演パンフレット用に演出の木島恭氏から寄せられたコメントを一部引用させていただきます。

「不条理の扱うものは『死』であり、『言語の崩壊(コミュニケーションの不在)』であり、社会そのものの矛盾、『疎外』です。」

また、上演パンフレットに当校代表野沢聡からのごあいさつとして掲載した文章を一部引用します。

「物語の状況の説明もかねる肉がついていない、余分なものが削ぎ落された本質しか書かれていない台本から、求められる解釈を読み取るだけでなく、自分で選択し、決定し、作っていく作業を通して、己の演劇観・演技観とどのように正面から向き合えるようになるか?そしてまた、自分の中にどのような哲学を生み出すことが出来るか?」

このような意図のもとに上演された今回の「殺戮ゲーム・2011」でした。
果たして、上演実習に参加した生徒たちは、この実習を通してどんなことを感じ、どんなことを学んだでしょうか。そして、今後どのように成長してゆくのでしょうか。

出演者たちは本編では顔は白塗りに黒のシャドウ、衣装や小道具なども白と黒で統一され、動きや道具の配置などは抽象的な技法を用いて演出されていました。
私が最も驚いたのは、道具の配置と俳優の動きを、「上(うえ)と下(した)」の概念を壊して構成されたシーンでした。現実世界の「床」は舞台上では「床」ではなく、横が下になり下が上になる。
美術でいうところのダダイズムとかシュルレアリズムの手法が演劇ではこんなふうになるのだなあと感じました。

モノクロームの世界から、終盤では一変し、白塗りは落とされ、衣装や小道具も色鮮やかな世界に展開します。現実世界にやってきたかと思いきやふたたびモノクロームに戻り、不条理の世界で終わります。

私はとても面白く感じました。
出演者にとっても、きっと良い経験になったのではないでしょうか?

最後に、初日開演直前の楽屋風景を少しだけご紹介します。

直前まで衣装の手直しをしています。

201109301.jpg

白塗り真っ最中のところを撮らせてもらいました。
ここまでしっかりと白塗りをする機会はあまりないのではないでしょうか。
きっと、まんざらでもないはず(笑)

201109302.jpg


kinoko7.gif
 totori6.gif kinoko7.gif totori6.gif kinoko7.gif totori6.gif kinoko7.gif

パフォーミング・アート・センターで行われる次回の上演実習は、12月に落語の会を予定しています。
詳細が決定しましたら、このブログやホームページでもご案内します。

それでは、また!


スポンサーサイト

ワークショップが開催されました&上演実習のご案内

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。

9月も半ばだというのになかなか秋らしくならず、暑さが続いてると思ったら突然思い出したように秋らしい涼しさがやってきたり、なんだか変なお天気ですが、パフォーミング・アート・センターの生徒たちはみな、授業の課題や、上演実習の稽古や準備に励んでいます!
totori6.gif  kinoko7.gif  totori6.gif

そして先日はワークショップが開催されました。
今回から、一日体験入学的なカリキュラムになりました。
大阪から夜行バスに乗って参加しに来てくれた方もいらっしゃいました。ありがとうございました。
私もワークショップを見学しましたので、ここですこしだけ様子をお伝えしたいと思います。

line_blue.gif

まず最初に、ダンスレッスンです。
ダンスといっても、基礎の基礎から。ストレッチと腹筋の運動です。
私は部屋の隅で見てるだけのつもりだったのですが、「一緒にやった方がいいわよ」と言われ、少しだけやってみました…。自分の体の硬さにうんざりしました…。何事も日々の努力の積み重ねが肝心。先生方も最初からあんなに柔らかかったわけではないでしょう。とはいえ、硬いなあ、私…。頑張らないといけないと思いました。
腹筋運動は、傍で見てるとさほど大変そうでもない動きなのですが、実際やってみると結構きつくて、私はなんだか「ジタバタしてるだけの人」みたいになっていました…。すっかり汗だくになりました。
そしてその後は、ツーステップやスキップのレッスンです。
スキップって、最後にしたのはいつか覚えてますか?
今でもできますか?
ワークショップ参加者の方々は、なかなか苦戦してました。手と脚が一緒に出てしまったり。けど、レッスンを重ねれば、きっと体が思い出してくるでしょう!

onpu_blue

次はアクションレッスンです。
アニメでも外国映画の吹替えでも、アクションシーンがありますよね。殴ったり殴られたりするときの身体の動きを分かっていないと、リアルな演技はできません。
パンチしたり、キックしたり、防御したり避けたりのレッスンをしました。
男性は小さい時にケンカしたりとか、格闘技をしたりとかで少しは経験があるかもしれませんが、女性はなかなか経験していないでしょう。猫パンチにならないようにパンチする…。結構大変です。
見えない敵と闘っている動きに合わせて別の人が声を出す、というレッスンもしました。

onpu_blue

そして、シアターゲームです。
いくつかのゲームを通して、参加者の皆さんの表情や動きが、朝の最初のレッスンの時よりもほぐれて柔らかく変化していくのがよく分かりました。

onpu_blue

最後のレッスンは、スタジオ実習です。
今回、スタジオとシアターゲームのレッスンは先代・野沢那智の愛弟子の一人であり、弊社オフィスPACで活躍中の星野貴紀さんでした。優しく丁寧に教えて下さり、きっと皆さんにとってとても良い経験になったことと思われます。一番最初に教わる人って、大切ですよね。。。

onpu_blue

ワークショップの最後に、懇談会を行いました。
参加者の皆さんと、本校代表の野沢聡をはじめ、本校講師、専科生、本科生、オフィスPAC所属タレントとで、パフォーミング・アート・センターとはどういう学校か、どうしてこの学校を選んだのか?などの話題を中心に、なかなか話も尽きないようで、1時間以上もにぎやかに語りあいました。
line_blue.gif


次回のワークショップは、12月と1月を予定しています。これまで2日間にわたって開催されてきたワークショップでしたが、今回から1日体験入学的な内容になっていく予定です。詳細が決まりましたらまたホームページやこのブログでもご案内しますので、興味のある方はふるってご参加ください。

そして!
いよいよ本日22日から、25日まで『殺戮ゲーム・2011』上演実習がおこなわれます。

赤ライン
9/22(木)      19:00~
9/23(金)14:00~ 19:00~
9/24(土)14:00~ 19:00~
9/25(日)14:00~
※開場は開演の30分前です。

場所:パフォーミング・アート・センター2階
赤ライン


詳細はこちらでご案内しています。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

ではまた!


新学期が始まりました!

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。

早いもので、もう9月です。
パフォーミング・アート・センターも今週から新学期です。新しい課題に向けてみなさん頑張っていきましょう!
新学期ということもあり、当ブログのデザインレイアウトを変えてみました!
ですが、ブラウザがインターネットエクスプローラだと残念ながらレイアウトがずれてしまいました…
回避策はなんとなく分かったのですが、時間がかかりそうなので、少しずつ修正していきますのでよろしくおねがいします。
FirefoxやGoogle Chromeなら、それなりに見えてると思います!

さてさて。先週の記事で「『殺戮ゲーム・2011』公演に参加している生徒にインタビューをしてみる。」と宣言しましたが、ちょっと作戦を変更して、アンケートに協力してもらうことにしました。

今回の質問は3つです。
line_blue.gif
q_blue.gif はじめて『殺戮ゲーム・2011』の台本を読んだとき、どう感じましたか?

q_blue.gif 実際に稽古に入って、作品に対する気持ちや考えの変化などがありましたか?また、それはどんな変化ですか?

q_blue.gif 今回の公演においての、自分の『課題』があったら教えてください。
line_blue.gif

これらの質問に、無記名式で自由に回答してもらいました。
そのなかからいくつかの回答をご紹介したいと思います。
line_blue.gif
q_blue.gif はじめて『殺戮ゲーム・2011』の台本を読んだとき、どう感じましたか?
a_blue.gif 登場人物が何を言っているのかわからなかった。ものすごく不安になった。
a_blue.gif 全然意味がわからなくて困惑しました。深読みしなきゃいけないのか、そのまま考えればいいのか…うーむ…という感じ。
a_blue.gif 言葉の持つ意味や世界観はどこか遠い気がしたけど、どこか琴線に触れる所も多い作品だと思った。

q_blue.gif 実際に稽古に入って、作品に対する気持ちや考えの変化などがありましたか?また、それはどんな変化ですか?
a_blue.gif 今まで役の気持ちを!と息巻いていたけど、それよりも言葉という意思疎通のための道具が持つ本来の意味を今まで以上に大事にしなければならないと思った。リアリズムの芝居よりも普段の自分達を考え直す機会が増えた。
a_blue.gif 人それぞれの生き方が出てて、めちゃおもしろいです!!って思えるようになりました。
a_blue.gif こんな表現方法が、考え方があるのか。という驚きと、感動がありました。芝居の面白さを再認識させられています。

q_blue.gif 今回の公演においての、自分の『課題』があったら教えてください。
a_blue.gif いっぱいありすぎて…。一番は、役としてその場にいる事。です。
line_blue.gif

以上、いくつかの回答をピックアップしてみました。
ちょっとずつ、何かが見えてきているように私は感じましたが、どうでしょう。
上演まであと半月を切りました。台本を読んだ時点では見えなかったものたちが、もっともっと見えて、掴めて、取り込んでいけるように願ってます。
『殺戮ゲーム・2011』上演情報はこちらのページでご案内しています。

今回は、稽古の合間の時間にお邪魔しました。

2011090501.jpg

道具を仕込んだり

2011090502.jpg

縫い物をしたりしています。

パフォーミング・アート・センターでは、演技だけではなくスタッフワークも経験しつつ、演劇製作全体の流れを学びながら声優・俳優としての基礎を養います。

『殺戮ゲーム・2011』上演実習の前に、ワークショップが開催されます。
詳細はこちらでご案内しています。
まだまだ参加者を募集しています。参加申込フォームから、申し込みをお待ちしています。

それではまた!


『殺戮ゲーム・2011』稽古風景をお伝えします。

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。
少し涼しくなったかと思ったらまた暑くなったりで、何をかけて寝ればいいのかちょっと悩んでしまいました…。
お腹を冷やさないように気をつけましょう!

さてさて。
「殺戮ゲーム・2011」の稽古場にまたお邪魔してきました。
上演日までの日程が近づいてきていますね。

082501.jpg

082502.jpg

立ち稽古が行われています。
徐々にカタチができてきてるみたいですね。
いくつかのシーンの稽古を見せてもらいました。そういう手法があるのかぁ!と、個人的に目から鱗が落ちた気持ちになりました。

082503.jpg

指導を聞く生徒たち。真剣です。

082504.jpg

今回指導をしてくださる木島恭氏です。今回は後姿だけしか撮影できませんでした…。
奥にいるのは本校講師の大塚です。
先代が以前主宰していた劇団薔薇座においては、木島氏が演出助手を、大塚は劇団員として参加していました。
まさに先代の意思を継いでいる二人と言えるでしょう。

082505.jpg

着々とお稽古は進んでいるように私には思われましたが、果たして、生徒のみんなはどう感じているのでしょうか!?
次回は、この「殺戮ゲーム・2011」公演に参加している生徒にインタビューをしてみようと思います。

それではまた!

稽古場にお邪魔しました&上演実習のご案内

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。
暑い日が続いていますが、皆さん体調を崩したりしていませんか?
しっかり水分補給して、しっかり食べて、しっかり休んで、体調管理も頑張りましょう!

さて、パフォーミング・アート・センターは現在夏休み中ですが、専科の生徒たちを中心にしたメンバーで、9月の上演実習に向けた稽古をしています。
今回はPカンパニー所属の木島恭氏にお越しいただき、作:ウージェーヌ・イヨネスコ、台本・演出:木島恭『殺戮ゲーム・2011』を上演します。

殺戮チラシ_表
殺戮チラシ_裏



ウージェーヌ・イヨネスコはフランスの劇作家で、不条理演劇を代表する作家として知られています。
『殺戮ゲーム』は1970年に発表された戯曲で、今回はそれに手を加えた『殺戮ゲーム・2011』となります。

私も台本を読んでみました。
私は、不条理劇って、台本を読んだ時点では「なんだかよくわからないなぁ。」と思うのですが、実際のお芝居になって客席から観てみると「面白いな~!」と感じるところが楽しいと思ってます。

「さて、リアリズムに慣れてしまった学生達がこの不条理な作品にどのように立ち向かっていくか!?」

とは、野沢聡代表の談です。

とても楽しみです。


お稽古前のアップをしているところにお邪魔してきました。

081802.jpg

体をほぐして。

081801.jpg

のばして、お稽古にそなえます。

専科公演『殺戮ゲーム・2011』は9月22日(木)から25日(日)まで、パフォーミング・アート・センター2階にて上演されます。
日時など詳細はホームページの『上演情報』ページにてご案内しています。


9月18日(日)のワークショップでは、まだまだ参加者を募集しています!
こちらのページでご案内しています。
お申し込みをお待ちしています!

ではまた!




profile

パフォーミング・アート・センター

パフォーミング・アート・センター


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


Counter


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。