パフォーミング・アート・センター blog
野沢那智が設立した声優・俳優養成校パフォーミング・アート・センターの最新情報を紹介!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新学期が始まりました!

こんにちは!
パフォーミング・アート・センター スタッフ後藤です。

早いもので、もう9月です。
パフォーミング・アート・センターも今週から新学期です。新しい課題に向けてみなさん頑張っていきましょう!
新学期ということもあり、当ブログのデザインレイアウトを変えてみました!
ですが、ブラウザがインターネットエクスプローラだと残念ながらレイアウトがずれてしまいました…
回避策はなんとなく分かったのですが、時間がかかりそうなので、少しずつ修正していきますのでよろしくおねがいします。
FirefoxやGoogle Chromeなら、それなりに見えてると思います!

さてさて。先週の記事で「『殺戮ゲーム・2011』公演に参加している生徒にインタビューをしてみる。」と宣言しましたが、ちょっと作戦を変更して、アンケートに協力してもらうことにしました。

今回の質問は3つです。
line_blue.gif
q_blue.gif はじめて『殺戮ゲーム・2011』の台本を読んだとき、どう感じましたか?

q_blue.gif 実際に稽古に入って、作品に対する気持ちや考えの変化などがありましたか?また、それはどんな変化ですか?

q_blue.gif 今回の公演においての、自分の『課題』があったら教えてください。
line_blue.gif

これらの質問に、無記名式で自由に回答してもらいました。
そのなかからいくつかの回答をご紹介したいと思います。
line_blue.gif
q_blue.gif はじめて『殺戮ゲーム・2011』の台本を読んだとき、どう感じましたか?
a_blue.gif 登場人物が何を言っているのかわからなかった。ものすごく不安になった。
a_blue.gif 全然意味がわからなくて困惑しました。深読みしなきゃいけないのか、そのまま考えればいいのか…うーむ…という感じ。
a_blue.gif 言葉の持つ意味や世界観はどこか遠い気がしたけど、どこか琴線に触れる所も多い作品だと思った。

q_blue.gif 実際に稽古に入って、作品に対する気持ちや考えの変化などがありましたか?また、それはどんな変化ですか?
a_blue.gif 今まで役の気持ちを!と息巻いていたけど、それよりも言葉という意思疎通のための道具が持つ本来の意味を今まで以上に大事にしなければならないと思った。リアリズムの芝居よりも普段の自分達を考え直す機会が増えた。
a_blue.gif 人それぞれの生き方が出てて、めちゃおもしろいです!!って思えるようになりました。
a_blue.gif こんな表現方法が、考え方があるのか。という驚きと、感動がありました。芝居の面白さを再認識させられています。

q_blue.gif 今回の公演においての、自分の『課題』があったら教えてください。
a_blue.gif いっぱいありすぎて…。一番は、役としてその場にいる事。です。
line_blue.gif

以上、いくつかの回答をピックアップしてみました。
ちょっとずつ、何かが見えてきているように私は感じましたが、どうでしょう。
上演まであと半月を切りました。台本を読んだ時点では見えなかったものたちが、もっともっと見えて、掴めて、取り込んでいけるように願ってます。
『殺戮ゲーム・2011』上演情報はこちらのページでご案内しています。

今回は、稽古の合間の時間にお邪魔しました。

2011090501.jpg

道具を仕込んだり

2011090502.jpg

縫い物をしたりしています。

パフォーミング・アート・センターでは、演技だけではなくスタッフワークも経験しつつ、演劇製作全体の流れを学びながら声優・俳優としての基礎を養います。

『殺戮ゲーム・2011』上演実習の前に、ワークショップが開催されます。
詳細はこちらでご案内しています。
まだまだ参加者を募集しています。参加申込フォームから、申し込みをお待ちしています。

それではまた!




profile

パフォーミング・アート・センター

パフォーミング・アート・センター


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


Counter


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。